パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『蘇るパレスチナ』語りはじめた難民たちの証言

藤田進

イスラエル建国にともない何が起きたのか? パレスチナの人々は、誰によって、なぜ難民化を余儀なくされたのか? 人々は、アラブ世界の“混住の論理”こそが、パレスチナ再生の道と信じ、難民キャンプを拠点に「祖国」回復の闘いに立ち上がる。それは、帝国主義とシオニズム、冷たいアラブ諸国と「国際政治」が作り上げた「中東和平」の虚妄性を告発する闘いでもあった。

1989年5月 東京大学出版会