パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『中東和平への道』

臼杵陽

国際的に歓迎されたオスロ合意以降の和平プロセスは真の問題解決への道筋をつけたのか。米ソ冷戦と湾岸戦争という「二つの戦後」をむかえて和平を取り巻く状況は急変した。エルサレムの帰属問題、パレスチナ難民の帰還権、ユダヤ人入植地など多くの重要な課題の解決を常に先送りしてきた中東和平のあり方を概観する。

1999年12月 山川出版社