パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

知の再発見双書 『パレスチナ』 動乱の100年

エリアス・サンバー/Elias Sanbar

福田ゆき/後藤淳一 訳(飯塚正人 監修 )

18世紀半ばから2000年9月に始まった第2次インティファーダに至るまでのパレスチナの歴史を解説。豊富な写真資料とともに、国連決議をはじめとする数々の公文書やパレスチナ人の証言など密度の濃い文書資料も数多く掲載されており、手軽に入手できるパレスチナ関連資料集としても最適の一冊。著者は和平交渉にも参加経験のある亡命パレスチナ人歴史家。

2002年6月 平凡社