パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『アラブ人でもなくイスラエル人でもなく』

リア・アブ・エル=アサール/Riah Abu El-Assal

輿石勇 訳

イスラエル領となっているガリラヤ地域に暮らすパレスチナ人が、ナクバ(イスラエル建国)前後にどのような体験をし、どのように「不在者」扱いをされ土地と家を奪われたのか。あるいはどのように言語を奪われアイデンティティを奪われたのか。いかにユダヤ人社会に入ろうとし、ときにはユダヤ人のふりをしようとし挫折したのか。そうした数々の屈折が実体験から生々しく語られる。

2004年5月 聖公会出版