パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『壁に描く』

マフムード・ダルウィーシュ/Mahmoud Darwish

四方田犬彦 訳

イスラエル建国にともない難民となり、イスラエル、ベイルート、 パリ、チュニスなどを経て現在ヨルダン川西岸地区のラマッラーに暮らすパレスチナを代表する詩人マフムード・ダルウィーシュの半世紀におよぶ詩業のなかから、1990年以降のものを中心に編纂。長編詩「壁に描く」ほか、「道のなかにさらなる道」「この大地にあって」など全12編を収録。

2006年8月 書肆山田