パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

インパクション160号『ボイコット 生活から世界につながる』2007年11月号

インパクション

役重善洋「対イスラエル・ボイコット運動の可能性」
小倉利丸「ウィンドウズのボイコットは不可能じゃない」
加藤賢一「スペクタクルの社会をボイコットするカルチャー・ジャミング」
抵抗食の会「抵抗食はボイコットの味」
岡真理「資本の論理をこそボイコット!!」
板垣竜太「平和主義、植民地主義、暴力の記憶──ある引揚げ記の”ボイコット”をめぐる覚え書き」
富山洋子「消費者運動としてのボイコット──森永不買運動と電気料金不払い運動の経験」
下垣桂二「南アフリカ・ボイコット運動の経験」(ききて・田浪亜央江)
天木直人「外交官としての南ア・ボイコット経験を語る」(ききて・田浪亜央江)

2007年11月 インパクト出版会