パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『イラン・パペ、パレスチナを語る』「民族浄化」から「橋渡しのナラティヴ」へ

イラン・パペ/Ilan Pappe

ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉 編訳

イスラエルのニュー・ヒストリアン(新しい歴史家)として、「建国神話」や「民族浄化」の真実を暴き批判しつづけてきたイラン・パペによる来日講演録。「共に生きることを望むなら、彼らを2つの国に分けることはできない」。イラン・パペの思想のエッセンスが凝縮された、パペ初の日本語テキスト。

2008年4月 つげ書房新社

参考サイトイラン・パペ、日本講演集、刊行!(パレスチナ情報センター)