パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『沈黙を破る』元イスラエル軍将兵が語る“占領”

土井敏邦

占領地で日常的に繰り返されるイスラエル軍による暴力や殺戮。国民皆兵制のイスラエルでは多くの兵士が占領地での任務に就くが、その実態が語られることはほとんどなかった。自らの加害体験を社会に伝えるために結成された青年退役兵たちのグループ「沈黙を破る」を通して、狂気と暴力が日常化する「占領」の本質を浮き彫りにする。

2008年5月 岩波書店

参考サイト『沈黙を破る』紹介(土井敏邦)