パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『占領ノート』一ユダヤ人が見たパレスチナの生活

エリック・アザン/Eric Hazan

益岡賢 訳

制作協力:パレスチナ情報センター(安藤滋夫)、ナブルス通信
解説:ビー・カミムーラ(ナブルス通信)

2006年5月、ハマスが選挙で勝利してまもないパレスチナを訪れたユダヤ人でもある著者が、淡々とした筆致で占領の現実を描くヨルダン川西岸訪問記。入植地、隔離壁、イスラエル人専用道路、封鎖などによってずたずたに切り刻まれる西岸の実態や、民主的な選挙を行ったことでイスラエルや国際社会から罰せられる結果となった選挙後の西岸の様子を人々との対話を通して描き出す。日本語版オリジナルのパレスチナの歴史を含む解説や再利用自由な地図も収録。

参考サイト

2008年10月 現代企画室