パレスチナ/イスラエルに関連する注目の書籍

『ガザ通信』

サイード・アブデルワーヘド/Said Abdelwahed

岡真理 訳

死がガザを覆い尽くしている。血と大量の死体のにおいがする。毎分のように悪い知らせが新たに届く。死体、ちぎれた手足、泣き叫ぶ子ども、子どもや夫を探し求める母親。どこに行けばいいのか、どこに隠れればいいのか、誰にもわからない。ガザ在住の著者が、2008年12月から翌年1月にかけてのイスラエル軍のガザ攻撃のただなかで死の恐怖と戦いながら世界へ発信し続けたメッセージ。

2009年4月 青土社