・ 

2007.12.29

『月刊オルタ12月号』で回廊構想特集!

Posted by:情報センター・スタッフ

月刊オルタ12月号表紙

『月刊オルタ12月号』 の特集が、「パレスチナ[平和と繁栄の回廊]構想」。注目です。
 とうとう雑誌の特集でも回廊構想を取り上げたところが出てきました。月刊オルタは、これまでもODA問題を批判的に扱ってきたところですから、この問題で特集を出すには最適の雑誌だと思います。
 以下が特集の中身です。先日来日し、各地で講演をされた「反アパルトヘイトウォール草の根キャンペーン」のファトヒさんのインタヴューも掲載されています。

◇役重善洋「占領下の「援助」はなにをもたらすか」
◇早尾貴紀「運命づけられた失敗ーーオスロ和平合意を反復する「回廊構想」」
◇神田浩史「誰のためのODA?」
◇ファトヒ・クデイラート「真の支援への転換は可能か」
◇国連IRINレポート「ヨルダン渓谷の村々の苦境」

 役重、早尾と情報センターのスタッフも特集に参加しています。
 回廊構想問題に注目するみなさん、ぜひお買い求めください。また周囲に宣伝してください。雑誌媒体で特集まで組まれた初めてのケースだと思います。これを起点に、議論を喚起していきましょう。

次の記事 → 224名※の連名でオルメルト首相来日に反対する要望書を提出

反壁キャンペーン、ファトヒさん講演、進行中! ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom