・ 

2009.05.20

「イスラエルは占領とガザ侵攻をやめろ!」サイトと集会(5/31)の案内

Posted by:情報センター・スタッフ

  ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉 などが呼びかけてこの1月から抗議集会やデモや学習会などを重ねてきた、 「イスラエルは占領とガザ侵攻をやめろ!」実行委員会 のサイトが公開されています。
 サイト内で、これまでの活動の記録が読んだり聞いたりできるようになっているほか、イスラエル・ボイコット運動や、イスラエルの戦争犯罪を裁く国際刑事裁判所の取り組み、イスラエルの軍事主義や武器開発などをテーマにした、学習会の取り組みも徐々にアップされていく予定です。

 なお、今度の5月31日に東京で、シンポジウムと分科会による集会があります。 「スピークアウト for アクション:イスラエルを変えるために」 です。ぜひご参加ください。(詳細はサイトにて。)

日時:2009年5月31日(日)13:30開始(13:00開場)
場所:在日本韓国YMCA(千代田区猿楽町2−5−5)
 JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分

タイムテーブル
13:00開場
13:30〜15:00 シンポジウム
 [パネラー]
  板垣雄三(東京経済大学名誉教授)
  東澤靖(弁護士/明治学院大学法科大学院教授)
  役重善洋(パレスチナの平和を考える会)
  山崎久隆(たんぽぽ舎/劣化ウラン研究会)
15:15〜17:15 分科会(下掲参照)
17:30〜18:30 全体会

分科会のご案内
◎分科会1 イスラエル製品/関連企業をボイコットする
 [報告]役重善洋+事務局
◎分科会2 イスラエルの武器生産・取引・使用の実態を明らかにする
 [講師]山崎久隆
◎分科会3 指導者たちの戦争犯罪を裁かせる
 [報告]寺中誠+事務局
◎分科会4 「歴史事実」の確認からはじめよう
 [報告]実行委/[コメンテーター]板垣雄三

次の記事 → 東エルサレム包囲網はますます狭まっている

イスラエル軍がガザ(ラファ)を攻撃、5人が負傷 ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom