・ 

2009.08.08

西岸地区のユダヤ人入植者は「50万人」

Posted by:情報センター・スタッフ

 イスラエルが発表したところでは、パレスチナのヨルダン川西岸地区におけるユダヤ人入植者数が30万人に達したとのこと。
 もちろんこの数字には、東エルサレムの入植地はは含まれていない。東エルサレムの入植者数はすでに19万人を突破しているので、そうすると、西岸地区(エルサレムを含む)のユダヤ人入植者総数は49万人超。

 今後は、入植者数に言及するときには、「約50万人」と言わなければならなくなった。

 ここ最近も、オバマ米大統領らが、イスラエル側に入植活動の1年間の凍結を求めるなどの動きが報じられているが、そうしているあいだにも容赦なく入植者は増えていっている。もっと強い・幅広い圧力が必要だ。

次の記事 → 臼杵陽氏の新刊『イスラームはなぜ敵とされたのか』

『飛礫』62号に岡田剛士「イスラエルによるガザ虐殺戦争を許すな!」 ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom