・ 

2009.11.24

サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』(青土社)、刊行

Posted by:早尾 貴紀

サラ・ロイ『ホロコーストからガザへ――パレスチナの政治経済学』
(岡真理、小田切拓、早尾貴紀=編訳、青土社、2009年、2600円)


画像表示

 今年3月に招聘したサラ・ロイさんの来日講演・対談・インタヴューをもとに編集しました。
 ガザ攻撃からまもなく一年ですが、何も解決していないどころか、いつ何が起こるか分からない情勢はそのまま。つねに問題の深層を見極めていかなければなりません。ぜひ熟読を。

(オビ・目次より)

ひとつの社会全体が崩壊しようとしている
「パレスチナ問題」 を経済学的に分析し、世界的に注目される著者が明らかにするイスラエルの占領の実態と国際社会の援助の行方。ホロコースト生存者の娘という出自から問う、人間の記憶と倫理への思考。
【目次】
序章 ガザ地区とパレスチナ占領の概要およびサラ・ロイの仕事  早尾貴紀

PART 1
第1章 もしガザが陥落すれば・・・・・・ 二〇〇八年一二月二六日 サラ・ロイ
第2章 ガザ以前、ガザ以後 イスラエル‐パレスチナ問題の新たな現実を検証する  サラ・ロイ
第3章 「対テロ戦争」 と二つの回廊  小田切拓

PART 2
第1章 ホロコーストからパレスチナ‐イスラエル問題へ  サラ・ロイ
第2章 〈新しい普遍性〉を求めて ポスト・ホロコースト世代とポスト・コロニアル世代の対話  サラ・ロイ × 徐京植

次の記事 → ガザ虐殺を繰り返させないための共同声明

ミーダーン・シンポジウム:〈危機〉の「ネットワーク」 ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom