・ 

2010.06.05

次の船がガザに向かっている

Posted by:情報センター・スタッフ

(追記:レイチェル・コリー号も、ガザ沖でイスラエル軍に拿捕されたようです。 6/5 21:20)

ガザ自由船団へのイスラエル軍の襲撃を受けてもなお、医薬品や学校教材、おもちゃ、建設用セメントなどの支援物資を満載した次の支援船がガザを目指して航行中です。

情報が錯綜していますが、現地時間6月5日(土)の朝8時ごろ、日本時間で14時ごろにはガザの沖合いに到着するのではないかとのことです。もう少し遅れるとの情報もあります。

アイルランドからガザに向かっているのは、レイチェル・コリー号と名付けられた支援船で、ノーベル平和賞受賞者のマイレッド・マグワイアさん、デニス・ハリデーさん(元国連事務次長補)、モフド・ニザール・ビン・ザカリアさん(マレーシア国会議員)など11人(あるいは15人)が乗船しています。

前回の支援船に対して、公海上で襲撃し殺害まで行ったイスラエル政府は、次の支援船も絶対に阻止するとの犯行予告を出しています。それに対してアイルランド政府は、支援物質が滞りなくガザに着くようイスラエルに強く要請しています。

レイチェル・コリー号とイスラエル軍の動きに注目してください。

ガザ関連ニュース

次の記事 → 命を救うために尽力する勇気のない欧米のリーダーたち

ガザ自由船団虐殺事件:国連人権理事会での独立調査団派遣の決議に日本は棄権 ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom