・ 

2010.09.02

ロシアの人権侵害を阻止するための署名にご協力ください

Posted by:情報センター・スタッフ

 アムネスティが呼びかけ、当パレスチナ情報センターも賛同団体となった、ロシアの人権侵害を阻止するための署名運動が始まりました。

 パレスチナに直接関わる署名ではないので、ここで紹介するのは異例のことではありますが、この署名運動にも関わっている チェチェン総合情報 の大富亮さんからぜひにと賛同を呼びかけられました。大富さんは、日ごろからパレスチナ関係の集会にも参加され、世界的な視野で大国エゴに翻弄される民族問題に取り組むために、連帯を模索されています。当情報センターとしては、たまにはこちらからも呼びかけに答えなければと思いました。
 みなさんのご協力をお願いします。

ロシア:窒息寸前の自由、「消される」人びと/オンライン署名
 → 署名ページはこちら

紙の署名用紙もダウンロードできます。
(右クリックなどで保存できます)

【PDFファイル】署名用紙:表
【PDFファイル】署名用紙:裏

<要請内容の日本語訳>

 過去10年にわたり、ロシアの指導者が人権の義務を監視していると繰り返し公約したにもかかわらず、ロシアにおける個人や市民社会の活動家は、もっとも基本的な人権を著しく侵害され続けています。

・ 人種差別に基づいた民族的少数者への襲撃が拡がっています。その結果、2010年の最初の4カ月間で数十人が殺害され、100人以上が負傷しています。

・ 人権擁護活動家、ジャーナリスト、弁護士や学識者が脅迫され、投獄され、さらに殺害されています。

・ 集会や表現の自由の権利に対し、不必要かつ不公正な制限が課されています。

・ 芸術家、芸術批評家、歴史家が合法的な仕事と自らの意見を表明したことによって、訴追され禁固刑に直面しています。

・ チェチェン、イングーシ、ダゲスタンにおいて数千人が行方不明となっています。法執行機関は対テロ作戦を実行する中で基本的な国際人権基準をないがしろにしています。

・ 警察署や公式・非公式の拘禁施設、流刑地、軍の内部において、拷問や虐待がいまだに「日常的」な手続きとして行われています。

 これらすべての人権侵害は、加害者が処罰されないという広範な風潮の中で起こっています。

 私たちはメドヴェージェフ・ロシア大統領に、このような状況を変え、人権侵害と免責を止め、人権の尊重を掲げ、国際人権基準とロシアの法の支配を守るよう要請します。

<賛同団体>

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)/核とミサイル防衛にNO!キャンペーン/憲法を生かす会/市民平和基金/SYI 収容者友人有志一同/ジュマ・ネット/ソウル・フラワー・ユニオン/チェチェンニュース編集室/チェチェン連絡会議/ティナラク織の会「カフティ」/難民を支援し連帯する会/パレスチナ情報センター/ピースネット/東ティモール全国協議会/非戦図書館人の会/フォーラム色川

次の記事 → 週刊金曜日で「アラブ民衆革命」特集/パレスチナ関連記事も

『インパクション』175号、「終わらない植民地支配 国境を超える抵抗ーー沖縄・パレスチナ・グアム・アイヌ」 ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom