・ 

2011.02.12

週刊金曜日で「アラブ民衆革命」特集/パレスチナ関連記事も

Posted by:早尾貴紀

 チュニジアに続くエジプト政変。とうとうムバラク大統領が辞任に追い込まれました。アラブのなかの「親米&親イスラエル」国家であるエジプト政権がどう変わっていくのか、どうパレスチナ情勢に影響するのか。

 『週刊金曜日』の最新号でさっそく「アラブ民衆革命」の特集が組まれました。
 情報センターの早尾が、パレスチナ/イスラエルとの関連で記事も書きました。ぜひご一読を。

【目次】
 ■長沢栄治 東京大学東洋文化研究所教授に聞く
  混迷と「抑制」が同居するエジプトの変革

 ◆これまでのアラブ諸国での主要な動き

 ■2011.2 カイロ
  パオロ・ペレグリン

 ■密約暴露が映し出すパレスチナの隘路
  孤立深まるイスラエルへの懸念
  早尾貴紀

 ■ムバラク後睨み早くも工作開始
  米国の描く新たなアラブ地図
  石山永一郎

次の記事 → イスラエル軍の攻撃激化 ガザでも西岸でも 18日〜21日まで

ロシアの人権侵害を阻止するための署名にご協力ください ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom