・ 

パレスチナ情報センター

2005.05.22

土井敏邦さん制作:ビデオ『ファルージャ 2004年4月』発売中

Posted by :s.ando

長年パレスチナに関する丁寧な取材をしてこられたジャーナリストの土井敏邦さんが、イラクのファルージャでの取材を元にしたビデオを発表されたとのことです。

ファルージャ 2004年4月 公式ホームページ

ビデオ・チラシの写真
拡大表示 100 KB

以下は、チラシからの引用。

ビデオ『ファルージャ 2004年4月』

イラクにおける米軍占領への抵抗のシンボルとなったファルージャ。

2004年4月、米軍は数千の兵力でファルージャに侵攻した。

1ヵ月近い米軍の包囲と攻撃によって住民側の死者はおよそ730人、負傷者2800人に達した。

なぜファルージャが占領への抵抗の拠点となったのか。

米軍はどのように攻撃したのか。

だれが米軍と戦ったのか。

そして住民はどのような被害を被ったのか。

米軍の包囲解除から10日後、ジャーナリスト・土井敏邦がファルージャ市内に入り、現地を取材した。

このドキュメンタリーは、イラク終結後から4ヵ月後の2003年8月と、2004年5月、ファルージャで撮影した住民の証言を元に、ファルージャ侵攻に至るまでの経緯、攻撃と抵抗の実態、侵攻の被害を追った記録映像である。

ファルージャ 2004年4月 公式ホームページ

次の記事 → タクシードライバーSOS/占領政策いまだ継続中

5月は世界フェアトレード月間! ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom