・ 

2009.01.10

06年1月ハマス政権発足からの3年間のガザを振り返る――ガザ侵攻の真意は最初から明白だ

Posted by :早尾貴紀

 昨日締切で某雑誌に依頼された記事を書くためもあり、パレスチナ情報センターに書いてきたスタッフ・ノートを読み返しました。
 パレスチナ議会選挙におけるハマス勝利が2006年1月。ちょうどそれから3年が経ちましたが、この3年間の情報センターのガザ関連の記事を時系列的に読めば、何が問題なのかが明白だと思います。斜め読みで構いませんので、ぜひお試しください。
 今回のガザ攻撃は、ハマスのロケット弾に対する報復などではまったくなく、ハマス政権が発足した直後からの一貫したハマス潰しの政策であることがわかります。停戦違反を繰り返してきたのも常にイスラエル側でした。


  ハマスに対するイスラエル/アメリカのダブル・スタンダード -2006.2

  ガザの危機――「一方的撤退」の実相 -2006.4

  ガザの混乱(ハマス対ファタハ?)/追記:党派組織について -2006.4

  いまガザで起きていること――5000発の爆弾投下と政治的殺人 -2006.5

  ガザ虐殺――空爆・暗殺で約20人死亡 -2006.6

  「暗殺作戦」の真の意図は? -2006.6

  「存在承認」など要らないイスラエル、パレスチナの団結を恐れるイスラエル -2006.6

  イスラエルからファタハへ武器供与――その銃弾に込められた悪意 -2006.6

  またもガザで一家虐殺/広場で遊ぶ子どもたちも犠牲に -2006.7

  ハマス倒閣/リアルさの転倒 -2006.7

  ハマス対ファタハの内戦?――問題点の再整理 -2006.12

  ガザ混乱――内紛/抗争なのか? -2007.5

  ハマスとファタハの抗争と連立内閣崩壊を言う前に -2007.6

  ガザ地区の「ホロコースト」 -2008.5

  イスラエルとファタハとの「友好関係」──政治犯釈放のパフォーマンス -2008.8

  「1967年」を認めるということ――オルメルトとハマス -2008.11

次の記事 → 正戦論の倫理思想家マイケル・ウォルツァーのガザ攻撃正当化について

ハマス政権の評価をめぐって――ヤコブ・ベン・エフラートの論考への訳注として ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom