・ 

2011.04.18

この状況下で、、、佐藤優氏はもはや問題外ーー中東・アジア認識の歪みを指摘する

Posted by :早尾貴紀

 この原発大震災の状況下、しかも大手メディアが大本営「安全」宣言丸呑みの状態のなかで、「報道協定を」とか「大和魂を」とか、愚劣きわまりないことを言っているトンデモナイ人物がいると思ったら、佐藤優氏でした。

 だからというわけではありませんが、というか地震の前に対談をしたものなのですが、4月2日号の『図書新聞』に掲載されましたので、案内します。

 丸川哲史×早尾貴紀
 対談 東アジアと中東を繋ぐ思考
  ――「(佐藤優の)新・帝国主義の時代」(『中央公論』連載)を評する

 佐藤優氏の中東認識がどれだけ平板な「対テロ戦争」思考の引き写しなのか、あるいはイスラーム偏見丸出しなのか、指摘しました。イスラエル支持者に傾向的に共通することなのですが。

次の記事 → パレスチナでの気になる動き(その1):差別的法案の成立

アルカサバ・シアター「アライブ・フロム・パレスチナ」7年ぶりの再演 ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom