・ 

Self- Hating and/or Israel-Threatning LIST

Posted by:早尾貴紀

Self- Hating and/or Israel-Threatning LIST、略して"S.H.I.T. List !
masada2000.org/list-A.html

  http://masada2000.org という、パレスチナ人の存在そのものを否定するとんでもないサイトの中にあるユダヤ人リストなのですが、タイトルを文字どおりに解釈すれば、「ユダヤ人であることを自己嫌悪するユダヤ人」と「イスラエルの存在を脅かすユダヤ人」のブラック・リスト。ユダヤ学をしている友人から教えてもらいました。
 さあ、この中に、みなさんの知っている名前を探してみてください(お暇な人は)。やイラン・パペ、トム・セゲヴといったポスト・シオニストや、ミシェル・ワルシャウスキーやジェフ・ハルパーといったイスラエルの左翼活動家が入るのはもちろんのこと。中道左派でも、シモン・ペレス、ヨッシー・ベイリン、ヨッシー・サリードなどが見られます。穏健左派の作家らでは、アモス・オズ、A.B.イェホシュア、イツハク・ラオール。あるいは、アミーラ・ハス、ギデオン・レヴィなど、『ハアレツ』の筋金入りの記者も。自称「アラブ系ユダヤ人」イェフダー・シェンハーヴだって入ります。
 膨大なリストです。挙げればキリがありませんし、「こんな名前も!」っていうのをこれ以上発見する作業は、みなさんにお任せします。

 さて、ここから読み取れることがいくつかあると思います。ここに挙げられている人たちみんなが「反シオニスト/非シオニスト」であるわけではありません。労働党の政治家らや和平派の作家らは、ある意味でバリバリのシオニストです。ただし、「小イスラエル主義者」とでも言うべきか、占領には一定の反対をしても、グリーンライン内のイスラエルのユダヤ性は絶対不可侵のものとして信じている。逆に言うと、このリストの基準というのは「シオニストかどうか」にあるのではなく、むしろ「大イスラエル主義」(パレスチナ全土が「エレツ・イスラエル」であり、パレスチナ人をすべて追放すべし、という主張)にそぐわない言動をするユダヤ人はすべからくこの"Shit!"リスト入りをする、といったところでしょうか。
 また、はからずもこの「クソったれ」リストが教えてくれることは、ユダヤ人は一枚岩ではないという当然のこと。それどころか、最悪の大イスラエル主義者から反シオニストに至るまでかなりのバリエーションがあるということ。もしみなさんが、ご存知のユダヤ人の名前をこのリストの中に見つけたときには、何がこのリストの制作者のお気に召さなかったのかを、ちょっと考えてみてください。

Self- Hating and/or Israel-Threatning LIST "、略して"S.H.I.T. List" !

2004.09.06

次の記事 → ジャズ奏者/作家、ギルアド・アツモンのウェブサイト

ネトゥレイ・カルタ ← 前の記事

トップページ


Powered by blosxom