パレスチナ情報センター

特集:アパルトヘイト・ウォール

地図

アパルトヘイト・ウォールとは

アパルトヘイト・ウォール。隔離壁・分離壁などとも呼ばれる、イスラエルが「テロリストのイスラエルへの侵入を防ぐため」と称してヨルダン川西岸地区に建設中の壁。

しかしながらその壁は、イスラエルとパレスチナの境界に建設されているのはでなく、90%以上がパレスチナの中に侵入してパレスチナ人の土地を奪いながら建設されている。

肥沃な土地を奪う、水資源を奪う、パレスチナの町と町を分断する、町を分断することで文化・教育・経済などパレスチナ人のあらゆる生活を破壊する、町と町を分断するどころか町や村の中に壁を作り一方をイスラエル側にしてしまうことでそこに暮らす住民を追放する、住居と農地の間を壁で遮断することで農業を破壊する、パレスチナ人の土地を囲い込むことでパレスチナ人の人口が増えることを抑制する、単に領土を拡大するなどなど、様々な場所で様々な目的を持つ壁が建設されている。

イスラエルは、この壁を「セキュリティ・フェンス」と名付けている。

壁建設の中止と徹去を求める国連決議(2003年10月21日)や国際司法裁判所の勧告(2004年7月9日)が出された後も、イスラエルはアメリカの保護のもと、それらをあっさりと無視し壁建設を続けている。

【オスロ合意に基づく区分け】

  • A地区:行政権、警察権ともパレスチナ(ヨルダン川西岸地区の17.2%)
  • B地区:行政権がパレスチナ、警察権がイスラエル(同、23.8%)
  • C地区:行政権、警察権ともにイスラエル(同、59%)

(割合は、2000年のデータによる)

パレスチナ情報センター